さとみロゴ

新関さとみの
田舎ごはんレシピ
漬物・料理


食用菊ときくらげの酢ぐるみ和え

  • 料理
  • 魔法の醤油
  • きくらげ
  • くるみ
  • 食用菊

数ある食用菊の中でも、香り味、風味がよく「王様」といわる薄紫色のもって菊。花びらが筒状に丸まっているので、ゆでても型崩れしないので、シャキシャキ感がたまりません。もちろん、ほってのほか以外の黄色や白の菊でも出来ます。

材料

もって菊 100g
きくらげ(戻したもの) 50g
酢くるみ
上記の量を2回分和えられます。
くるみ 50g
砂糖 30g(大さじ3)
15ml(大さじ1)
魔法のしょうゆ 10ml(小さじ2)
少々(ひとつまみ)
練りからし 少々

作り方

  • もって菊は、芯の部分は苦いので入れないようにして、花びらをむしる。
  • 大き目の鍋にたっぷりとお湯を沸かし、酢を少々入れて、花びらを入れる。菜箸で押さえながら、お湯の中に沈める。全体をひっくり返して再度沈めたら引き上げ、冷水にとりざるにとる。
  • 軽く抑える程度に水気を絞ぼる。
  • きくらげは、水に入れて戻し、根の部分を取り除き、適宜にちぎる。
  • すり鉢にくるみを入れてする。くるみのつぶつぶがなくなったら、砂糖、塩を入れて、さらによくする。
  • 酢、醤油、練りからしを加えする。

ポイント

  • 菊をゆでる時は、必ず少量の酢を入れましょう。酢を入れないと菊の花が茶色に変色してしまいます。
  • 菊はさっとゆでましょう。ゆですぎとゆでた後の絞りすぎは、すじっぽくなります。
  • きくらげは、水で30分ほどで戻ります。急いでいる場合は、ぬるま湯を使うといいでしょう。

さとみの調味料のご購入はこちら
(ショッピングサイトを別タブで開きます)